スマホが壊れたけど、au故障紛失サポートが新品を送ってくれました

前々から調子が悪かった愛用スマホ HTC J butterfly HTL23 ですが、先日ついに反応がなく動かなくなってしまいました。
2014年夏からの使用なので、2年半と少しの使用ですね。
故障用のサポート保険に入っていたので、とりあえず電話してみたら、なんと同機種の新品と交換してくれました!

充電できない、電源が入らない

もうね、何が故障とか云々調べる以前に何もできなくなってしまった。
少し前から、予兆はありました。
充電していると「スロー充電です」みたいな警告がでてきたり、満充電からいきなり数%まで放電し、電源が切れていたり。

その時点で修理や交換を思いついていたら、データも取り出せたんでしょうけど、「次の冬(春)発表機種で買い替えるだろうからいいや」と、呑気にしておりました。
ええ、思った機能付きの機種が出なかったんですよ。HTCさんは!
防水とオサイフケータイ必須な私には、HTC10は選べなかったですよ。

とりあえず故障紛失サポートに電話してみる

そんなこんなで、たまたま休前日夜にスマホが「もうだめ」とギブアップしてしまったので、翌朝の朝から電話してみました。
サポートの人とは簡単な電話所有確認の後、故障状況の確認やリモート操作を試みたりとか、やりとりは1時間弱で終了。
会社の空き時間にちょっと電話するだけってお気軽さはなかったです。休日で良かった。
電源が入らないので、先方からのリモート操作ができないんですよね。何度か試しているとたまに電源が入るときがあって、その隙に在中アプリをチェックしたり、エラーログを確認したりしていました。

結果、やはり「電池の消耗」が原因ではないかとのことで、サポートからの提案は以下の3案でした。

  1. 機種変更(保険を使わずに自費)
  2. 同機種と交換(2,500円負担)
  3. 該当機修理(自然故障が認められれば無料、それ以外は自費有料1万円前後)

私が選んだのは、2の同機種と交換です。
修理にしてもデータは復旧できないというし、それなら外観もボロボロになっていたので、新しいのに交換してくれるなら万々歳ですよ。

その日のうちに新品が届いた!

対応が決まれば、あとはトントン拍子に話が進みます。
なんと、当日のうちにヤマト運輸で自宅まで配達されてくるとのこと。
実はちょっと疑っていたのですが、本当に当日夕方には配達されてきました。

同機種新品ゲットです!ボロボロが打って変わってピカピカです。
データの移しかたや、消去方法などが記載されたパンフレットと、故障機種を郵送する用の封筒が同封されていました。
期限内に郵送しないと、違約金が4万円かかるので、忘れずに返送しないと大損ですね。
私の場合は、相変わらず電源が入らない&すぐに切れるので、データは移すどころか、どうにかこうにかリセットまではできた?状態での送付です。
個人情報が気になるけど、しかたない…

だいたいのデータはクラウド等にバックアップしていたり、復旧コードを控えていたりしたんですが、それが漏れていた分が復旧不可能になってしまいました。
去年末あたりからの写真や、一部アプリの復旧ができなくて、ちょっと悲しい。

あとはキャリアEメールも消えましたね。
やりとりしている最中の連絡もあったので、こういうのは少し困ります。
まあ、素直に「なんだっけ?あれどうだっけ?」と聞ける間柄なので助かりましたが。

スマホは故障に備えましょうってお話

データバックアップとか、面倒なんですよね。
でもこんな時に強くなるので、定期的にきちんと行っておくほうが良いですね。
そしてやっぱり、保険に入っててよかったってこと。

auの場合は「故障紛失サポート」(旧 安心ケータイサポートプラス)で、月額380円です。
1年で4,560円、2年で9,120円です。
事由によっては補償内容や回数に制限があったり負担金がありますが、今回の場合は2年半使用として11,400円+2,500円=13,900円で新品交換だったので、損した気持ちにはなりませんでした。

買い替えるのなら、HTCの次機種発表を待ちたかったので、いま時点で他機種に買い替えるのが惜しかった私としては、新品交換してくれるのはラッキィです。
これで、次の夏には秋には…とヤキモキしながら発表を待たずに済みましたからね。
ちなみに中古機種でも探していたら、状態により1万前後からでした。

保険の類は何もないときはもったいない金額に感じてしまうんですが、いざ使用するとなると、頼りになりますね。
昔は「故障しなくても電池パックの交換に~」などと聞いたことがありましたが、いまはそもそも電池パックという概念が無い気がする。
ということは、ある程度調子が悪くなった時点でさっさと連絡して、早めに対応してもらうのが賢いのかもしれません。


データは惜しいけど、ピカピカ新品スマホがちょとうれしいのでした。
それにしても、HTCの現時点での新機種 HTC U Play は日本未発売なんですが、あれを防水+オサイフ機能をつけて出してくれることを願っています。
ほんとおねがいします。

機種変更したので、嬉しくて記事を書きました!
HTCが満を持してU11 HTV33を販売開始!やっと機種変更できました