小部屋育児の味方!見守りベビーモニターで離れていても安心です

我が家は最近の広いリビングで開放的育児なんてできない間取りなので、子育てにはあまり向かない家。
キッチンリビング、別に寝室他と完全に独立していて、ハイローチェアから動かなかった乳児期が終了すると、「昼寝を見守りながら家事や用事」ができなくなってしまいました。

なんとか小狭いリビングで昼寝させていてもいいんですが、気を遣うし不便です。
かといって、寝室で寝かせていると、ドアを全開にしても、なんかないかと不安が募る。

そこで、ネットの口コミを参考に見守り用カメラに、ワイヤレスモニターを導入してみました!

寝室でお昼寝中、モニターはリビングに設置 【secuOn】ハイブリッドデジタルベビーモニター BMB200

寝室でお昼寝中、モニターはリビングに設置

いきなりの結果報告としては、かなり良い!
手放しで大賛成、大成功です。

ちょっと検索してみても、たくさんある商品の中から何を買えばいいのかよくわからなくなってしまったので、欲しい機能を書き出し絞って決定。

  1. 予算は1~2万円
  2. AC電源
  3. カラー映像
  4. 夜間撮影可能
  5. カメラ側の音声取得
  6. カメラ角度がモニタ側から動かせる
  7. 設定が単純

逆に、無くてもいいなと思った機能は、「スマホ接続、複数チャンネル、双方音声通信、映像録画」でした。
スマホ接続は、親の入浴中とかにいいかなとも考えたんですが、モニタを洗面所まで持ち込みで解決したので不要で。

上記の条件諸々を検討した結果、我が家で購入したのはこれです。

挿入の写真は、昼寝中の寝室です。
昼間なので明るいのでカラー映像で見られます。対して、夜間は白黒ながらもしっかりと動きや表情まで確認できます。

設定も簡単でした。いまのところ、他電波との干渉もなくて、ストレスフリーで使えています。

ベビーモニター導入後は、子供は寝室で寝かせて、親は自室かリビングに引っ込むことができるようになり、気持ち的にもちょっと解放感!
もちろん起きたり泣いたりしたときは、すぐに確認に行きますよ。

眠っていても子供と離れることに不安を覚えるお母さんも多いかもしれませんが、私はそのタイプではなかったみたい。
1万5千円ほどで、安心が購入できました!